ラディグ

ラディグ




Wissenswertes über ラディグ:

La Digue gehört zur Gruppe der Inseln im Umkreis von Praslin. Die Entfernung zwischen der zweitgrößten und der viertgrößten Seychelleninsel beträgt gerade einmal 7 Kilometer, während La Digue von マヘ gut 40 Kilometer entfernt ist. Eine Landebahn für Flugzeuge gibt es nicht, so dass man auf Schiff oder Hubschrauber angewiesen ist. Wer mit der Fähre anreist, landet an der Schiffsanlegestelle bei La Passe an der Westküste der .

約3,000人のラディグの住民は、小さな島での生活が「大きな」島よりもゆったりとしたリズムであることを誇りに思っています。やはり徒歩や自転車が中心ですね。その間、人はより頻繁に車(特別な許可が必要)と出会い、牛車は観光地であるだけでなく、訪問者として1つは明らかに落ち着きを感じます。ほぼすべての居住地と宿泊施設は、ほぼ10平方キロメートルの大きな島の西半分に位置していますが、東側は "野生 "と大部分が手つかずの状態になっています。

ラ・ディグー島は、誰もがその名前を知らなくても、世界で最も有名な島の一つであることは間違いありません。それは、島の南西部にあるアンセ・ソース・ダルジェント(Anse Source d'Argent)の花崗岩の断崖が、世界でも類を見ない写真のモチーフとなっており、広告やファッション雑誌、ハリウッドの大作にも何度も登場するからです。宣伝されている製品や映画のプロットによって、このビーチは太平洋やカリブ海に「移動」されることが多いのですが、実際には風と波によって丸みを帯びた巨大な花崗岩のブロックは、ラ・ディグエでしか見ることができません。

Um zur Anse Source d’Argent zu gelangen, passiert man L’Union Estate, wo man Eintritt zahlen muss, aber unter anderem auch eine alte Kopramühle besichtigen kann. Außerdem gibt es hier noch ein paar Landschildkröten zu sehen, eine Kokospalmenplantage, eine Präsidentenvilla aus der Kolonialzeit und einen alten Friedhof, auf dem einige der ersten Siedler begraben sind. Auf diesem Gelände landet auch der Hubschrauber, wenn man auf diese Weise an- oder abreist.

美しいビーチは、アンセ・ココやグラン・アンセ、プティアンセでも見つけることができます。これらのビーチは島の南東側に位置しており、アンセ・ソース・ダルジェント(Anse Source d'Argent)から島の周りを少し歩いて行くと、徒歩で行くことができます。干潮時には、ある程度水をかき分けて進むことができますが、この帰り道は潮が切れてしまうことがあるので注意が必要です。島内を散策することができます。このような約10kmの長さのツアーでは、舗装されたよく知られた道だけではなく、少なくとも4時間はかかると見積もらなければなりません。

島の内部では、海抜約333メートルの高さから島の世界を見渡すことができるように、インゼルバーグ・ニド・デイグル(「鷲の巣」)に登ることができます。ラ・ディグエはまた、非常に珍しいパラダイス・フライキャッチャー(Paradise Flycatcher)の故郷でもあり、島の中心部には、クレオール語の名前(vev=未亡人)を冠した自然保護区があります。

ja日本語