プラスリン、セーシェル第二の島

プラスリン

第2位 セーシェル




プラズリンについて知っておくべきこと

プララン - 総面積37.58km²、セイシェルで2番目に大きな島です。長さ約12km、幅約5km、フェリー(Cat Cocos)で約1時間、飛行機(Air Seychelles)で約15分の距離です。 マヘ を削除しました。

2つの地区・エリアがあります。一方では、北西側には、Grand Anse(の 空港 of PraslinがあるAmitié)、南東海岸のBaie Sainte Anne(首都でもある)では、同名の湾にCat Cocosのフェリーポートがあるのも特徴です。2つの地区の中央には、プラランで最も高い367メートルの山、フォンド・アゾレがあります。

プララン島のほぼ全域が熱帯ジャングルで覆われている。自然が好きな方には、プララン島、特にユネスコの世界遺産に登録されているVallée de Mai(マイタル)がお勧めです。Vallée de Maiでは、何世紀も前と同じように植物や動物が生き生きと暮らしています。香り高いバニラの花や、有名なセーシェルのヤシ「ココ・ド・メール」は、ここと隣のキュリーズ島でしか栽培されていません。また、世界的に見ても珍しい鳥であるカラスインコや厚手の飛べない鳥(Hypsipetes crassirostris)なども生息しています。島を訪れる人には必須のアイテムです。プラランの観光スポットはこちらで紹介しています。

プララン島でも、バスで島のほぼ全域に安く行くことができ、約8000人の島民と触れ合うことができます。プラランは、キュリーズ島、アリデ島、クーサン島、イル・ロンド島、ラ・ディーグ島、イル・サンピエール島など、近隣の小さな島々を訪れる際のスタート地点として最適です。ラ・ディーグへは、プラランからBaie Sainte Anneからフェリーで1日に数回行くことができます。しかし、ラ・ディーグへの訪問には少なくとも1日、もしくは2日の余裕が必要です。

セーシェルのドローンビーチ

プラランの(あるいは世界の?)最も有名なビーチは、Anse Lazio、Anse Georgette、Anse Kerlan、Anse Volbertです。Anse La Blagueの湾にあるビーチは、人がいないことが多く、訪れる価値があります。

これだけでは物足りないという方は、5つ星ホテル「レムリア」の18ホールのゴルフコースがお勧めです。プラランのような小さな島にこれほどの規模のゴルフコースがあるとは、とても思えない。山の上でプレーすることもあれば、海が見える場所でプレーすることもありますし、人工的に作られた湖の上でプレーすることもありますが、この湖はコース全体の灌漑にも使われています。全部が全部、お金を払えば手に入るというものではありませんが、本物のゴルフプロ、あるいはそうなりたいと思っている人は必ず見ているはずです。
プララン・レムリア・ゴルフ(Praslin Lemuria Golf

レムリアのほかにも、新しくできたラッフルズホテル(2011年2月オープン)など、一流のホテルが揃っています。

お腹も空きません。コート・ドール(南東海岸)には、獲れたての魚を自分で調理できるお勧めの自炊設備があるほか、一流のレストランも数多くあります。

セイシェルでナイトライフとディスコを両立させたいなら、ぜひ夜12時からのオキシジェンに行ってみてください。ホットなリズム(RnB、ハウス、アフリカン、レゲエ)とセイシェルア、タイトな(非常にタイトな)ダンス、たくさんのアルコール(主にセイブリューとタカマカ)。 ラムなどなど、きっとあなたの心を動かすことでしょう。
あっという間に時間が過ぎて、ディスコから出てきたら急に明るくなっていた、なんてことがあっても驚きません。初詣とセットで行くのが良いでしょう。 セーシェル (プラランに限らず)。
セイシェル.com ヤシの木

ja日本語