フォーレ大統領、セーシェルへの民間旅客便運航再開に関するフォローアップ会議を開催




フーレ社長 プレスリリース 2020.07.21

フォーレ大統領は、今朝、STCの会議室で行われたフォローアップ会議の議長を務め、国際空港の再開を統合的に管理するための国家フレームワークを検討しました。 セーシェルに空港を設置することが合意されました。 2020年8月1日 は、民間の旅客便に開放されます。

21.07.2020

ソースは
社長室
Seychelles

公衆衛生責任者のジュード・ゲデオン博士は、国内外のCOVID-19の状況について説明し、COVID-19の世界的な傾向や、セーシェルでの症例について詳細を説明しました。また、タスクフォース委員会では、委員長のディディエ・ドグレリー観光・民間航空・港湾・海洋大臣が、7月20日(月)に行われた空港での演習の結果を発表し、既存の対策の有効性を検証しました。

出席した官民の主要関係者は、1週間後の国境再開に向けた準備状況を包括的に報告しました。これには、医療庁、観光省、日本赤十字社などが含まれます。 Seychelles ツーリズムボード、SCAA、SHTA、SCCI、GETUS、SIFCO、CEPS。

ビジネスコミュニティからの国家フレームワークの構成要素の概要が説明され、ビジネスサポート、ヘルスケア認証、デジタル化、特別プロジェクトのサポートメカニズム、そしてトレーニングと意識向上がカバーされました。SIFCOは、宗派を超えて実施されている安全対策についての最新情報を提供しました。また、CEPS事務局からは、メンバーに対する衛生規則の実施状況や最近の調査結果についての情報が提供されました。観光関連の発表では、恒久的な構造物の設置、観光施設における来訪者への備えとしての安全開放手順(SOP)の見直しと評価の最新情報、安全な旅行観光の概念などが紹介されました。すべてのプレゼンテーションは、商業目的のための国境の再開を支持する準備と確固たる姿勢を示しました。 航空券 2020年8月1日に を表現しました。

セーシェルにおけるCOVID-19の事例について、フォーレ大統領は、セーシェルのコミュニティでは感染者や死亡者は出ていないことを繰り返し述べました。また、セーシェルに滞在している国民や、これから入国する他国の国民を守るために、しっかりとした政策や戦略を実施していることも評価されました。

大統領はまた、「統合管理のための国家フレームワーク」で設定された目標を達成するために、すべての分野でトレーニングを強化していることを評価しました。引き続き、安全対策の準備に努めていただきたい」と述べ、「民間航空機の運航が再開された際には、国として全国民が一丸となって責任を果たさなければならない」と語った。また、まだ認定を受けていない施設は、SOPを整備し、スタッフに必要な導入トレーニングを行うまでは、観光客を受け入れることができないと指摘しました。

大統領は、公共部門が警戒を怠らず、適用される国の枠組みを遵守するよう促しました。メディアについては、地元の報道機関全体とのミーティングに基づき、コミュニケーションのフォーカルポイントを使って、以下のことを確認する必要があります。 人口 が正しく伝わっているかどうか。

次回は2020年8月4日に開催され、すべてのセクターが基準を満たしていることを確認します。

seychellen.com ヤシの木

ja日本語