ソシエティーシーシェルズ

セイチェリーズ・カンパニー




Wissenswertes über die Gesellschaft der セーシェル:

社会の出現

社会の成り立ちにおいて、それまで原住民がいなかったセイシェルは、多民族のルーツを忠実に守り続けてきた。2世紀以上にわたり、島々は世界各地の様々な人種、伝統、宗教のるつぼとなってきました。

今日でも、多文化が共存する平和な国であることが、この活気に満ちた調和のとれた国の本質的な特徴です。

国家と政府の形態

Die Politik der Seychellen hat historische Wurzeln sowohl im Einparteien-Sozialismus als auch in der autokratischen Herrschaft. Nach der Unabhängigkeit vom Vereinigten Königreich 1976 waren die Seychellen eine souveräne Republik bis 1977, als der ursprüngliche 代表取締役社長 und Führer der Seychellen-Demokratischen Partei, James Mancham, in einem unblutigen Putsch durch den Premierminister Frankreich-Albert René gestürzt wurde. René errichtete einen sozialistischen Einparteienstaat unter der Seychellen People’s Progressive Front, der bis 1993 bestand, als zum ersten Mal seit der Unabhängigkeit Mehrparteienwahlen stattfanden. Die moderne Regierungsführung auf den Seychellen findet im Rahmen einer Präsidialrepublik statt, in der der Präsident der Seychellen sowohl Staatsoberhaupt als auch Regierungschef ist, sowie in einem Mehrparteiensystem. Die Exekutivgewalt wird von der Regierung ausgeübt. Die gesetzgebende Gewalt liegt sowohl bei der Regierung als auch bei der Nationalversammlung.

セーシェル共和国は、1991年12月4日から多党制の民主主義体制を敷いており、大統領が国家元首、外務大臣、政府元首の機能を担っています。大統領は、副大統領を含む10人の閣僚で構成される内閣の議長を務める。

2004年4月、当時のアルベール・ルネ大統領に代わってジェームズ・アリクス・ミシェル氏が就任し、1977年以来の大統領就任を経て、2005年、2010年、2015年に国民の手によって再選されました。現在の副大統領(2016年~)は、スポーツ・文化大臣を兼務するヴィンセント・メリトン氏。ジェームス・ミシェル氏が以前に辞任を表明していたため、2016年10月16日に選挙を行わずに大統領に選出されたダニー・フォール氏の後任となる。

現在のコンステレーションの国会(立法)は、2016年9月8日、9日、10日の選挙を経て、総勢33名の議員で結成されました。25名のメンバーは、単純多数決(または先決)方式により、個々の小選挙区で選出されます。残りの最大9名の議員は比例代表制に基づいて選出された。会員の任期は5年とする。

フランスのアルベール・ルネ前大統領が率いる旧セーシェル人民進歩戦線(SPPF)は2010年にParti Lepepep、2018年にUnited Seychellesに改名し、2020年には14議席を保有しています。

国会で19議席を持つ主な野党は、Linyon Demokratik Seselwa (LDS、旧名:LDS)です。 SNPと 連合野党)は残り11議席となっている。仝 LDS は、牧師のワベル・ラムカラワンによって導かれています。
Linyon Demokratik Seselwa(LDS)は、2016年から政権を握っているセイシェルの国民議会での連立政権である。連立は当初、セーシェル国民党、セーシェル同盟、社会正義と民主主義のためのセーシェル党、セーシェル連合党の4つの主要野党で構成されていました。セーシェル・アライアンスは、2018年1月にリーダーのパトリック・ピレー氏が国民議会議長兼議員を辞任したことを受けて、2018年2月に連立を離脱した。

以下の当事者が存在します。

  • United Seychelles Party (US) – Linke und regierende Partei seit 1977
  • Linyon Demokratik Seselwa (LDS) – Konservative Rechtspartei
  • Seychelles National Party (SNP) – Zentristische Partei
  • セーシェルア同盟
  • 社会正義と民主主義のためのセイシェル党
  • セーシェル連合党(SUP) - 旧新民主党
  • 独立系 - セーシェル保守連合
  • One Seychelles

2020年のステータス

女性と政治

現在、2020年現在、国会議員は全33議席中14名の女性が在籍しています。

セーシェルの地区

Die Seychellen sind in 25 Regierungsbezirke gegliedert. Davon liegen 22 hauptsächlich oder ausschließlich auf der Hauptinsel マヘ, zwei auf Praslin, während ラディグ mit Nebeninseln und auch einigen entfernteren Inseln einen weiteren Distrikt bildet.

メンバーシップ

セーシェルは、国連(UN)、アフリカ連合(AU)、コモンウェルス、インド洋委員会(IOC)、環インド洋地域協力協会、東部アフリカ・南部アフリカ共通市場(COMESA)、南部アフリカ開発共同体(SADC)、ラ・フランコフォニーに加盟しています。パリ、ニューヨーク、ブリュッセル、ニューデリー、ナイロビ、北京に大使館があり、世界各地に名誉領事館もあります。

人口

現在でも約10万人の人口からなる人口は、多民族のルーツを反映しています。島々には、昔から地球の隅々の人々に強い魅力がありました。このように、フランスの植民地から解放された奴隷はアフリカから、イギリスの植民地からはインドからの奴隷、フランス、イギリス、イタリアからのヨーロッパ人入植者、政治亡命者、冒険者、アラブ人、ペルシャ人の商人、中国人などがセイシェルにやってきました。

事実上、地球上のすべての国がセーシェルの文化のるつぼに入り、独自の影響力を残し、今日のダイナミックでありながら平和な社会を形成してきました。

言語

公用語は3つあります。クレオール(フランス語をベースにしたメロディックなパトワ)、英語、フランス語。セーシェル人の多くは、イタリア語やドイツ語も流暢に話します。

宗教

ほとんどの人はまだローマカトリック(90%以上)ですが、聖公会やプロテスタントも多いです。彼らは、イスラム教徒、ヒンズー教徒、バハーアイの信者、マヘ、プラスリン、ラ・ディグエの仏教徒など他の宗教団体と一緒に平和に暮らしています。

seychellen.com ヤシの木

戻る セーシェルの歴史 または セーシェルの文化